雨天回収

 昨日の夕方登りに行った。
天気予報は午前中は雨で午後から曇だったので
夕方に雨は降らないだろうと思って
奮発して4時間も借りてやる気満々だった。

 ウォーミングアップで2回登ったら雨が降ってきた。
夕立のような通り雨かと思って
ヌンチャクをそのままにしておいた。

 この鴨池クライミングウォールには小さいながらも
立派な屋根がついてきて
普通の雨だったらウォールは濡れない設計になっている。

 雨が止んだら再開しようかなあと思って
ボルダリングウォールでいろいろやっていた。

 一回雨が止みかけて再開できるかなあと思ったら
フェイントをかけて今度は大粒の雨。
しかも風向きが変わっている。
南風が北風・東風に。

 ヌンチャクをかけた側のウォールがどんどん濡れていくではないか。
急いでヌンチャク撤収トライに出る。
三分の一を登ったあたりからすんごい豪雨。
しかも雷つき。

 ビレーも壁の真横でビレーしないと
3秒でずぶ濡れだ。

 なるべく左側のホールドを使いながらなんでもありで登るも
普段、いかないところは微妙に難しく
やっとの思いでホールドを掴んだら
濡れていてかなり嫌な感じ。

 でも大きく落ちることなく上まで行けました。
あんなシビアなフリークライミングというより
滝の高巻っぽいクライミングは久しぶりだった。

 そうだ、このウォールを濡らして
クライミングシューズではなくウェットタビで登れば
沢登りの練習になるね。
そんなのやる奴おらんやろうけど。

 雨が降ったらさっさと撤収しよう。
ひとつ教訓を得ました。

金峰に縁がない

 本当に最近、金峰に縁がない。
嫌になるほど。
なんか行くと雨が降る。
行かないと晴れる。
けど用事が入っている。

 どんどん人工壁クライマーになっていく。

ボードの七つ道具

1.ロープ

2.ハーネス

3.ヌンチャク(クィックドロー)

4.ATC&安全環付きカラビナ

5.チョークバック

6.クライミングシューズ

7.虫除けスプレー

 最近は液体チョーク、靴下、サンダル、
デジカメ、ビデオカメラジュース(スポーツドリンクかお茶)・・・
と装備が増える一方。

 50リットルザック一杯に装備を詰めてボードに来たら
「何そんなに装備もってきてんの?」
って笑われた。

飲み会が続くと

 昨日、一昨日と飲みばかりで
太る一方。
飲んでいるときは楽しいが
飲んだ後は
はぁーーーーーー
って感じ。

 特に人工壁において体重は大きいっす。
やっぱり重力に逆らうスポーツだから
重さが減れば、体が楽に支持でき
疲れにくい。

 たかが1キロ、されど1キロ。

 有名な女優さんが拒食症で死んじゃったりする
って話、気持ちは分からんでもないですな。
太るってある意味恐怖かも。

 まぁ、あまり思いつめてもないんで。
適当に頑張ります。

チョークの質

 チョークのメーカーを変えました。

 チョークなんて炭酸マグネシウムの粉やから
どのメーカーでも関係ないと思っていました。

 近くのアウトドアショップに置いてあった
M社製のチョーク650円を買いました。
透明でかっこいい袋に入っており
これがまたたくさん入っている。

 見るからにお買い得感がありました。
昔、使っていたのは青の紙箱に入っていたやつで
メーカーの名前を忘れちゃったのですが
長年そのチョークを使っていました。

 新しく買ったM社のチョークは
なんだか「ごわごわ」していて
手に馴染まないような感じがしました。

 まだチョーク云々なんてウンチクたれるほど
上手くはないのですが、
こんなにチョークってメーカーで違うものかと
思った次第です。

今日の練習

 6時半すぎからボードに取り付く。

 私を含めてクライマーは6名。
ちなみに男ばかりだった。

 うまい人のアドバイスによると
いろんなルートを登った方がよく
かなり下手くそなうちから
どんどん高難度ルートにトライせよと
アドバイスを受けた。

 が、結局
白テープ5.10c
緑 5.10d 8ピンまで
灰色 5.10a 2テンション
白テープ5.10c 1テンション
とたった4本しか登れなかった。

 最低でも5本は登らねば。
それもバラバラにルートを登っていきたい。

 今日の豆知識は
60メートルの長いロープを買って
友達と半分にするとよいということ。
これだとたった6000円で
ロープが買えます!

 すばらしい!

白色から緑へ

 やっとこ緑5.10dにチャレンジしています。
白色テープはガバが多く
腕力勝負なのですが
緑ホールドはパターンをうまく使って立ち上がるなど
ムーヴが難しい。
最初の3ピンまでも何か嫌らしい動きが多く
結構怖い。

 調子がよかったのか、上達したのか分からないが
今までよりかなり上まで行けた。
ちょっぴりうれしかった。

 が、レッドポイントするまでの
道のりは長そう。

 ただ、何度もチャレンジして
トレーニングして、悩んでみたりして
そうやりながら上手くなったらいいなあ。

 白色が1ヶ月かかったので
緑も1ヶ月くらいかかるのかなあと思ったりしてます。

 才能があまりない分、時間をかけて登り込む以外に
手はないでしょうな。

確保訓練(灼熱編)

7月18日午後

 仕方がないんで鴨池のボードに行った。
晴れている。
金峰は雨だったのに。

 なんてこった。

 しかし、現役は夏山前。
この貴重な時間を利用して何かやらねば。

 前やり残した確保訓練を行う。


 日曜日のボードは空いている。
平日より空いている。
つーか、午後1時までは
はっきり言って暑くて登れません。

 うっかり3分日向に出てたら
バリバリ日焼けするし、
ロープだってうかつに路面に置くと
熱で溶けそうだと
思って必要以外は日陰に持っていきました。


 確保訓練。
鴨池ボードはちょっと高すぎて怖いかも。

 7ピン目付近から落ちるテストをするのですが
落ちる側になって最初の1回をするのは
はっきり言ってあまり心臓によくありません。

 私も3回落ちたのですが
最初1回はなかなか勇気がでませんでした。


 一応、確保については
なんとか1,2年生ともOKが出せる域まで達しました。


 その後、3本登って終わりました。
もうちょっと登りたかったかな。
不完全燃焼気味でした。

なんてこった

 7月18日日曜日

 梅雨明け後の金峰山に向かった。
梅雨明け10日と言って昔からこの時期は
安定した晴天が続く。

 晴れになることを疑わなかった。

 谷山を過ぎたあたりから
なんとパラパラ雨が降ってきた。

 だいたいこういう場合は
金峰では必ず雨になっている。

 しかし万に一つの確率を信じ
大坂(だいさか)まで車を走らせた。

 が





 路面が濡れている。
そして金峰山の9合目付近にはガスが・・・

 もうあかん。
断腸の思いでUターンする。

 ったくもう。
本当についていない。

 あきらめはよい方だが
愚痴ってしまった。

クライミング用のブログ作りました!

 クライミング用のブログ作りました。

 理由は日々、刻々と蓄積されるデータを
アップロードするのがすごく効率的なので。

 一応、ブログに書きためておき
それが一定の水準に達したところで
Webにまとめていくという方針で
いきたいと思います。

 今後ともよろしくお願い致します。


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM