鴨池ウォール→Cafeでランチ

皆様こんばんは!
クライミングパートナーズ株式会社の酒井です。


昨日はお休みでしたので
お客様方々と鴨池ウォールへ登りに行ってきました。
(私、1年ぶりかも??)

メンバーは・・・

Yさん
たかぽっくるさん
カブリンさん
Nチビライダーの4名であります!!


今回もルート寄り??の面子ですよー




とってもお天気がよかったですね(←激雨男返上であります。。。)

空気が乾燥してまして
快適クライミングー!!




気持ちイイです。。。





この青空といい

日差しの強さといい

乾燥具合といい

ヤシの木やソテツの木といい

ここは California か!?(←行った事ありませんが。。。)





で・・・
クライミングの方はと言いますと

5.9から少しづつグレードを上げ
体を慣らしながら登っていきました。

ルートの間隔空けますと
いつもながら1本目は調子悪いですね。

ウォーミングアップは大切ですよー


主に鴨池ウォールのルートセットは
有名なプロのセッターさんですので
とても為になります。

こう来たら
こうなって
ここをそうして
そうなんだー!!
(私の独自な見解で解りませんね。。。)


とても勉強になりました。



いつもリバーばかりで登っちゃダメってことです。






最近、
絶好調のカブリンさんは
5.11c/d をオンサイトしました!!

パンプして上部で核心の一手が出るか出ないか大きいです。

リバーでのボルダリングの成果ですね。

まだまだ伸び盛りですので
楽しみです。。。(焦)




タイムリミットの
2時間です。

楽しい時間は過ぎるのが早いですね。



たくさん登りましたので
お腹も空き
皆さんでランチに行きました。



お店は
坂之上にあります
cafe ku・ra・wa・n・ka」 さんです。

こちらのオーナーさんはクライマーです。
リバーにもご夫婦で登りに来てくださいます。

いつも有難うございます。




はーい、
コース・ランチいっちゃいまーす!


前菜です↓



お野菜たっぷり。
手前のキャベツ漬け?が好みです。




野菜スープです↓



ガツガツいただいちゃいました。
(↑育ちの悪さが。。。)



メインです↓



ホタテとサーモンのロールキャベツ煮
ホワイトクリームソースが美味しかったです。



デザートです↓



レモンケーキが超美味しかったでした。

とっても濃厚で
国産レモンの皮を使用しているそうです。

ブランマンジェと相性バッチリでしたよ!!



これにお好きなドリンクが付きまして
¥1,050〜です。

ご馳走様でした。

オススメでーす☆







食後に
カフェ隣接のプライベートウォールを見学させていただきました。
(現在、一般開放しておりません。。。)


3面ありまして長モノが出来ますね。
一部可動壁でした!!

クリフホールードが懐かしいです。



そして・・・


10キロのウエイトジャケットが!!

奥様、お強い訳ですね。。。







また、
機会がありましたら
鴨池ウォール→ランチ(喰)しましょう。

お疲れ様でした。
 

またルートを作ってみた

 本日は午前中、新しく作った山岳会KFCの
初めてのクライミング講習会を行ないました。

 それも朝10時30分から。

 朝は陽がさして暑かった。

 結び方など基本的なことを20分ほど確認して
登りました。
本日の受講生はかなり優秀でございまして
いい感じのところでマジ落ちしてくれて
これこそ実戦的な講習となりました。

 途中で時間があったので
ルートを1本作ってみました。

 一番右側のラインです。
この頃はこのレーンにあまりルートを作ってなかったから
久々に作ってみようと思いました。

 グレードは5.10cにしました。
若干遠いところがあると思い、
5.10bくらいでもいいかなと思ったけど
まあこれぐらいで。
5.10台であることは間違いなさそうですが
細かいグレードは分かりません。









 試しに登ってみてください。

飽きずに新ルート

 皆様、こんばんは。
リバーサイドウォール鹿児島の西村です。

 本日は水俣に行っておりました。
水俣から帰ってきまして
飽きずに鴨池に行きました。

 今週の新ルートは赤白テープです。
一番左端のルートでございまして
黒ピンクテープからの派生ルートでございます。









 ちょっとわかりにくいルートなんですが
スタートから黒ピンクテープを辿って頂き
8mのクリップを終えたら
左手は薄緑色のアウターガバ、
右手は青色花びら状インナーホールドで
右上1メートル先の青色ガバに向かって
激しくランジして下さい。

 というルートでグレードは5.11bにしました。
リーチのありすぎる自分としては5.11aくらいに感じ、
リーチのない人はダブルダイノでとぶ必要もあるくらいに
遠いかもしれません。
また8mの上空でランジするのは恐怖感もありますので
5.11bあたりでどうでしょう?

 鴨池にはない部類のルートでございまして
こんなに激しいランジルートはある意味希少かもしれません。

 ちなみにランジに関しては
あまりリーチは関係なくて
上手い人は上手いです。
飛ぶまでの体のスイングの仕方、
足で蹴り、最後までホールドを押す体の使い方など
上手い人のランジは見ていてうっとりしますね。
私より身長が低い人でも私より遠くまで
ランジできる人はたくさんおりますし
あまりリーチ、リーチ言わずに
勇気を出してぶっとんで頂ければ
それでよいかなと思います。

 くれぐれもランジは危ないムーヴですので
お隣のルートで登っている方がいないかどうかの確認を
お願い致します。
私の場合は、横に登っている人がいたら
わざと長くレストして登りましたね。

 またフォールするときも
落下距離が普段の1.5倍くらいになります。
私も1回落ちて実験済みでございます。

 黒ピンクテープから派生ルートにした理由としては
下部に無駄なテープ課題を作ることで
ルートが密になり
余計な混乱を招くことを避けたかった意図があります。
変な派生は自粛したいと思いますが
それなりにルートとして存在意義があるのなら
派生ルートも止むを得ないかなと思います。
その辺についても皆様の感想を聞きながら
考えていきたいと思います。

 最後にロック力増強トレーニングをして帰りました。
久々クライミングの山岳部T崎くんは6回ほど激しく落ちて
大変そうでした。
しかし、無駄に「テンション」と言わない姿勢に
ただただ感服いたしました。
彼はもっと上手くなりまっせ。

 ということで
明日も晴れたら午前中は鴨池に行こうかと
思っております。
KFCの第1回クライミング講習でございます。
と言ってもマンツーマンでクライミングの基礎を確認する
だけなんですけどね。
10月にはぼちぼち宮崎で合宿をやろうかなと思います。
そろそろ活動開始しなきゃ。

 と明日も営業しておりますので
よろしくお願い致します。

黒白テープルート(5.11a/b)

 先々週作った鴨池クライミングウォールの
黒白テープルート5.11a/b









 適当に作ったルートながら
なかなか面白いです。
傾斜がないから、ボルダリング強い人は
楽かもしれません。

 今まで作った中ではそこそこお薦めできる
ルートかもしれません。
シールが剥がれたらこれを見て
シールを貼り直して頂ければと思います。

鴨池クライミングウォール黒ピンク(5.10c)

 昨日作った鴨池クライミングウォールの5.10cルートです。


(フクフクパパが写っちゃった。ゴメンなさい。)





コンセプト
・リーチ系だと批判を受けないような愛のあるルートを作ること

 とりあえず、登った感じ面白いルートに仕上がった。(と思う)

 銀黄色5.10cが5.11a/bにグレードアップされてしまったことを
反省しまして、今度は甘めにグレーディングしてみました。
どうでしょう?

 登られた方はコメント下さい。

鴨池のルート図 7月7日作成銀黄色テープ5.10c

 昨日作った鴨池クライミングウォールのルートを
ルート図にしておきます。
野外の壁ゆえ必ずいっていいほどシールがはがれます。
前回作ったルートもシールがなくなって
ロストしてしまいました。

 作って1ヵ月後に「シールがはがれたみたいなんだけど」
といわれても30手近い課題を全部暗記は不可能です。
自分でも超記憶があやふやです。

 ということで
一応写真で撮ってきました。
シールが剥がれてわかんないという方は
とりあえずここでプリントしてみて下さい。
分かりにくいけどホールドが多数ある壁じゃないから
なんとかなるんじゃないかなあ。





 よく観察したら不必要そうなホールドが2個ほど。
実は11mの左上のガバ2つは取らないほうが
楽に登れるのではないでしょうか。
次回ちょっと復習してみましょう。

久々鴨池

 昨日は飽きもせず
鴨池に行ってきました。

 紐を結んでクライミングをするのは
2ヶ月ぶりかな。

 非常に緊張しました。

 雨が降った後で湿度が高く
風もなかったので手汗がひどかった。

 自分の触ったホールドには
手汗がべったりつきました。

 そんなに高度感はなかったけど
全然成果はなし。
5.10台しか登れませんでした。

 やっぱり週1でヒモを結ばないとダメだなあ。

 以上

5.11aいったかな?

 本日は鴨池クライミングウォールに行った。

 本匠のバットマン5.11bを登れなくて悔しかったので
本日はスタミナをつけるために9本登りました。

 ずっとトップロープで登らなければならなかったゆえ
途中から飽きてルートを作った。
いろいろイメージするのがだるくなって
アウターホールドでシールが2枚以上貼られていないホールドを
伝って登れないかと考えたら
オブザベーションの段階で登れるかもしれんなあと
そういう感触があった。

 いざトップロープでムーヴを探ってみる。
なんとかいけそうだ。
7ピン目の右と終了点にインナーホールドを使う以外は
すべてアウターホールド。
なおかつ5ピン目付近は超嫌らしいトラバースと
右手で微妙なパターンを拾うという素晴しいルートが
出来上がりました。

 最後に気合を入れてリードしました。
登れました。
9本も登ったあとゆえグレードはイマイチわかりませんが
5.11aでどないでっしゃろ?
ちなみに以前作った黒緑テープの課題は5.10dにグレードダウンしてしまいました。

 まあ、一級品に嫌らしいルートゆえ、再登された方は
コメント頂けると助かります。

 さて、バットマン対策としまして
1.ルートは高難度よりも本数をこなして持久力をつける。

2.ボルダーでもバットマン対策課題を設定する。(たぶん150度壁になるだろう)

3.ビデオをみてきちんとオブザベーションする。
とりあえず核心を過ぎて落ちた時のビデオと1テンで登れたときの映像を
つないでムーヴ解析用オリジナルビデオを作製してみた。
これを50回は見てイメージトレーニングをする。
ビデオを見られたい方はこちら↓
http://www.dailymotion.com/video/x23bbe_batman002

 で、ラストにムーヴを忘れないうちに早く本匠へ。

 という感じでしょうか。

 ま、まあ頑張りましょう。


5.12は遠い

 昨夜のこと。月曜が恒例になったリードクライミングに行った。
鴨池クライミングウォール。
昨日は本匠に行っていた人がいたみたいで
空いていました。

 まず一番右側のラインにホールド5個を足した。
その後、銀ピンクテープでルートを作った。
5.10bぐらいかな、
あまりぱっとしないルートができた。
また、隣接するピンクテープ5.9と似た色で
混乱に拍車をかけてしまった。
後日作り直そうかなと思う。

 いろいろ右側の方にはルートができてきたみたいですね。
いいことです。

 ただ一つのホールドに5つも6つも
テープが集中すると見にくくなります。
ただ1m×1mの1枚のパネルに対しホールドが4個〜8個ぐらいしかないから
ルートを増やそうと思えば自ずとそうなってくるのかなと思った。
自由にホールドを増やせないのがFRPパネルの
弱点だろう。
コンパネの壁ならジブス(木ネジ用のホールド)で無尽蔵にホールドを
付けられますから。

 ホールド付けもとりあえずひと段落つきました。
ちょっとガバ系ばかり付けすぎたかもしれません。
反省しています。

 練習は
一番右のライン3回 トップロープ
中央のライン 
ヌンチャクセット1回
5.12aの青テープ 1回 ホールドが遠いな。パターンに立てない。
5.11cの黄色ホールド 1回 ホールドがこれまた遠い。5.12より難しいのではなかろうか。
5.10dの赤ホールド 2回 ラストは疲れた。

 久々に8本登って
背筋、腕筋が今朝になって筋肉痛です。
がんばろう。

5.11a

 本日は夕方より鴨池に行った。
月曜は利用者が少ないのだが
連休の後半の天気が悪かったので
フクフクお母さん、S信さん達先客がおられました。
実はビレーヤーの都合で時間を遅らせていたので
もっと早く行けばよかったのにと思った。
15分ほど世間話をする。
根占鬼岳に行こうという話で盛り上がりました。
リード要員でも何でもいいので
車があればどこでもついていきますぞ。
ただ西向きに開けた岩壁で非常に暑いところなので
5月中に登ったほうが快適でしょうね。
根占は海沿いで日当たり良好すぎて
6月7月は非常に暑いですから。

 本日もホールドを取り付けました。
今回は要望の多かった左から2番目のラインに
ホールドを取り付けました。
これがまた大変なんですよ〜。

 まずホールド、インパクトドライバー、ボルトなど合わせて7キロぐらいの
重さの機材をかかえて登りますが
傾斜が急だと超大変。
このオモリを背負ってマジ落ちだけは御免だと
妙に力が入ってつらかった。

 作業は先々週にやっていたので
ちょっとはスピーディーになったかも。
ただハーネスが尻や太ももに食い込んで痛いなあ。
専用のハーネスが欲しいところだ。

 で、なんとかホールドを7個取り付けた。
上部で作業をしていてすごい高いところで
作業しているイメージがあったが
いざ取り付け終わってみると
8メートルのところまでしか上にいけなかったのね。
本日はここの高さまでしか登れなかった。
まだホールドもたくさん残っているのですが
時間的なことも考えると1日7個ぐらいが
自分的な限界かなあ。
ちびちび取り付けていきましょう。

 で、さささっとルートを考えまして
テープを貼りました。
5.11aのルートを作りたいと思って
テープを貼ったらだいたい狙い通りのグレードになったようです。

 3名ほど試登をお願いしまして
M山さんがあと1手でフォールしました。
ガバが多いルートながら
オブザベーションをきちんとして取り付かないと
上部で消耗が激しいようです。

 ルートとしてはちょっぴり遠いホールドもありますが
足がしっかりあるので足でかきこんでもらえば
なんとかなる程度になっているかと思います。
標準的な男性のリーチなら問題なさそうです。
ただ女性はまだ分かりません。
登られた方は感想をお聞かせください。

 テープの色は緑黒
グレードは5.11aとしておきます。
今のところ試登された方の評判は上々のようです。
上級者はオンサイト狙いで
中級者は嫌らしいルートを堪能してください。

 また暇をみてルートを設定しにいきたいと
思います。

 以上 


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM